本文へ移動

床版・主桁補修

床版・主桁の補修・補強

かつてメンテナンスフリ―(永久構造物)であるといわれたコンクリートも経年劣化、構造的変状、初期欠陥により様々な変状が生じております。
これらの変状に対応した補修・補強事例を紹介しています。

断面修復工

コンクリート構造物が元の断面を喪失した場合や、劣化因子を含むコンクリートを除去した場合の断面修復を目的とする。
補修工法 :左官工法・注入工法・吹付工法 

ひび割れ補修工

ひび割れ部からの水分や塩化物等の浸入を防止する工法である。ひび割れの幅、挙動により補修方法が異なる。
補修工法 :注入工法・充填工法      

表面含浸工

コンクリート中に劣化因子の浸入を抑制することで、耐久性の向上、美観の改善を図るものである。
材料は多種多様であり、用途に合わせて仕様が異なる。
補修工法:ケイ酸塩系・シラン系・ハイブリッド系

剥落防止工

コンクリート片や外壁材等の剥落を防止することを目的とした工法である。コンクリート片の落下により第三者災害が発生する可能性がある箇所で用いられる。

床版補強工

床版下面に補強材(炭素繊維シート・鋼板)をエポキシ樹脂にて接着させ、床版と一体化させることで床版の耐荷力を向上させる工法である。
補強工法 :連続繊維シート・鋼板接着   
株式会社ピア東海

〈本社〉
静岡県静岡市葵区昭府1-15-8
TEL.054-271-4645
FAX.054-271-0297
〈沼津営業所〉
静岡県沼津市足高325-5
TEL.055-939-5077

インフラメンテナンス
・橋梁補修/補強工事
・トンネル補修/補強工事
0
6
7
5
6
8
TOPへ戻る